普段の生活が乱れているならまずはそこから改善が必要

AGAの専門外来に通い真剣に対策を始めても、普段の生活が乱れていると期待するほどの治療効果は得にくいです。暴飲暴食をやめたり、趣味などでストレスを発散するのも良いことですし、質の高い睡眠も不可欠です。実際に睡眠不足は体調不良に直結しますし、新陳代謝も悪くなりますから頭皮の健康も損ないますし、育毛にとっても良い環境とは言えません。育毛では土壌にも喩えられる頭皮には毛髪を守るために皮脂腺の数も多いので、洗髪が不十分だったり皮脂が多い人の場合、これが汗などの汚れと結びつき、抜け毛やフケが発生する元になります。従って普段から頭皮の衛生状態を良くすることは育毛の第一歩だと考えていただくと良いでしょう。汚れを残さないシャンプー方法を工夫したり、必要に応じてスカルプケアシャンプーを使用すると効果的ですし、髪と地肌のために良い方法を選択していくというのはAGAの症状改善に役立ち、治療のサポートにもなるはずです。自分でも気がつくほど抜け毛が多くなったといっても、すぐさまAGAだと自己判断するのはよくないです。たとえば髪の長い人に多いのですが、季節と季節の合間に髪が多く抜けるのは生物学的に当然な現象です。だいたい暑い時期から涼しくなる秋頃にこうした季節性の抜け毛が発生するようです。それ以外にも大人であればシーズンの影響を受けなくても毛の生え変わりが行われているため、日に100本ほどは髪の毛が抜けています。若いうちに治療を開始したほうが治療効果は早く顕著に出るという研究結果があります。ただ、自分で見てAGAがだいぶ進行してしまっているように思えても、地肌に隠れている毛母細胞が死滅していなければAGA治療の効果はまだまだ期待できます。頭皮を見て自己判断で無理だろうとは思わないことです。目視できる細胞ではないですから、いくら無毛の状態であろうと実際には毛母細胞が生きていることだってあるわけです。悩み続けるよりははっきりさせたほうが良いので、専門の医者に相談し、検査してもらうと良いでしょう。病名こそ男性型脱毛症ですが、頻度こそ少ないものの、女性でも発症するケースがあります。男性のAGAと区別するために男性型脱毛症AGAの前にFemaleをつけて、その頭文字をとってFAGAと呼ばれています。症状でいうAGAとの違いは、始まりにM字型を呈することはなく、毛が細って全体的に薄くなるということのほか、女性の場合はホルモンによる脱毛抑制が期待できるので男性のように進行しないという点です。医療保険の給付対象となる医薬品としてAGAの治療薬は扱われていません。ということは、どの科にかかろうとAGAは保険適用外の治療という扱いで、全額を患者が支払うことになります。費用の総額は薬の種類や数、治療の方法によってかなり差があるものですが、負担がもっとも軽いのはジェネリック(後発)の内服薬を本来の薬の代用として使用していく場合です。費用面で一番高いのは植毛で、本人の希望次第では百万円以上かかった例もあります。日本におけるAGA患者の総計は1200万人強であると言われており、現在の国民総数で割った場合、ざっくり計算しても10人いれば最低一人はAGAによる薄毛の進行を抱えていると言えます。しかしながらここで言う総人口は子供や女の人も含んだものですので、たとえば成人男性の比率で計算した場合、もっと高い頻度で3人にひとりか4人にひとりは症状が出ているという結論になります。もしAGAの治療をしていくのであれば、生活の内容自体を正していくことは現在よりAGAの症状が進んでいくことを防ぐという意味で大切なことです。栄養面でいうと髪に良いものはたんぱく質はもちろんですが、ミネラル、ビタミン、微量元素である亜鉛も重要です。栄養計算とまでいかなくても、意識的にそれらが多い食べ物を毎日の食卓にのせるようにすると、地肌の代謝促進や健康的に髪を育てていくサポート役として効果を発揮してくれます。しかし栄養が多ければ多いほどより一層の効果が出てくるという意味合いのものではないので、ほどほどに長期にわたって続けるのがコツです。清潔さを保つための入浴も、上手に使えば男性型脱毛症(AGA)の進行防止に補助的ながらも役立ってくれます。血液の循環を良くすることは育毛にとっては欠かせませんし、シャワーだけの入浴よりもバスタブでの入浴を増やすことでより良い効果が得られるようになります。例えば頭皮の血流が良くなるよう、お湯に浸かったままでマッサージブラシなどで頭皮をほぐしてやるのもいいでしょう。保険適用外であるAGAの治療費というのは、クリニック次第で料金が変わってきます。テレビCMなどで見かけるAGA専門医は普通のところに比べて高めの価格設定ですが、経験値と選択肢の多さでいうと専門医に勝るものはありません。だいたいの相場ですが、成分注射のような処置なしで薬のみで治療する際は、駅前などにあるAGA専門医院で2万円前後で、都市部はやや安い傾向があり、町の医院などでは1万円くらいを見積もっておくと良いでしょう。