砂糖がお肌のくすみを引き起こしてる?

スイーツに目がないという方は要注意です。

砂糖などの糖質が、お肌のくすみを引き起こしていることをご存じでしょうか。

糖分が体内でタンパク質と結合すると、全身で老化を引き起こす糖化物質が全身にたまってくるのです。

肌でコラーゲンが糖と結びつき、糖化物質ができていわゆる黄ぐすみになったり、シミの悪化や、シワ、たるみの原因になったりする事態になることもあるのです。

「ポリフェノール」ってきくと、それは美肌に欠かせないでしょうって思いますよね。

際立つ特徴としては、抗酸化作用があります。

活性酸素による害から守ってくれて、シミからお肌を守ったり、いつの間にかできていたシミをなくしてくれるでしょう。

こんな文句なしの効果がある美肌の友ともいえるポリフェノールですが、その効果は約4時間と短時間しかありません。

ですから、美肌のためにいいタイミングで摂取するのがオススメです。

肌を見ると、その人の年齢がなんとなくわかる気がします。

肌ではなかなかサバは読めません。

特にわかりやすいところは目の下で細かいシワもでるしクマも居座るしで、年齢が進むに従い、この部位についての悩みを持つ人は、増える傾向にあります。

それから、肌のハリ、ツヤが加齢と共になくなると、肌はしぼんでシワとなります。

顏限定で見ていきますが、どの部位のシワで悩む人が多いのかというと目尻や目の下など目の周りや、眉間、ほうれい線などが多いようです。

小麦色の肌なら、元気で活発なイメージを相手に与えられるものですが、褐色の肌になりたくても、シミが多くなるのは避けたくて、どうしようと思っている女性も少なくありません。

今よりシミが増えたら困るのなら、できるだけ肌を焼かないように気をつけましょう。

これ以上シミを増やさないために重要な事は、日焼け止めをきちんと塗ること、また、家に帰ってからはすぐにローションなどを使い、炎症を抑えてください。

お顔にシミが目立ってくると、もっと若いのに!と言いたくなるほど老けて見られてしまいますよね。

加齢に伴って、皮膚の回復力が弱化していき、ちょっとした日差しでも油断ができなくなるため、日焼けに対してさらに警戒しましょう。

キャップや日焼け止めなど、普段身に着けるもので紫外線を浴びるのを防ぐのに加え、トマトやキャベツといった食べ物によってビタミンCを、意欲的に摂りましょう。

一日に2リットルの水を飲むと健康な身体を作るとされています。

そして、お肌にとっても水分は欠かせません。

水分が不足するとお肌の血行も悪くなり、老廃物や有害物質がたまることでくすみやシミを引き起こしてしまいます。

それだけでなく、肌の乾燥を招くことで、くすみも小じわもほうれい線も目立ってしまいます。

常日頃から水分不足には気をつけてください。

多くのメーカーから、美白化粧品が売り出されています。

すでにできてしまったシミを薄くしたい場合、まずはシミの原因は何かを十分理解してください。

化粧品が自分のシミに合っていないと、シミが薄くなるどころか、かえって増やしてしまうかもしれません。

医師の指導に従って、服薬やレーザー治療を受けることもできますが、日頃の生活の中で、シミの原因を作っていないかどうか考えることがシミ対策と美白のために、どんな人にも必要なことだと断言できます。

みかんはビタミンの含有量がとても多く、新陳代謝を高め、お肌にシミができるのを防ぐために大きく役だってくれます。

ただ、食べ方には注意しましょう。

朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が紫外線に敏感に反応するよう働き、逆にシミの原因になることもあるそうです。

美肌効果をねらうのなら、みかんを食べるのは朝より夜、といえます。

乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などがヨーグルトは豊富です。

乳酸菌は腸内で有害な物質の発生を抑え、お肌の健康を保つ働きがあります。

ビタミンBは全身の新陳代謝を高め、お肌の再生を助ける重要な栄養素です。

そして、フルーツ酸には皮膚の一番外側にある角質層をゆるめ、角質層がはがれるのを助ける作用もあるのです。

このような働きがお肌のシミ、くすみを防ぎ、改善する大きな効き目があるので、ヨーグルトはシミを薄くするためにも、摂りたい食べ物です。

お肌にとって、摩擦刺激があまり好ましくないというのはよく分かっているつもりなのですが、つい、力をぐっとこめてぐいぐいとメイクを落としたり、ごしごしと洗顔フォームで顔を洗ったり、保湿剤やクリームをこれでもかと塗りたくってしまいがちです。

メイク落としの際には、クレンジング剤が化粧汚れとじんわりなじむようにして、爪を立てずに指の腹で、優しくオフすればOKです。

何にしても、力を加減することが大切で、摩擦刺激をできるだけ避けるように、優しくクルクルっと丸を描くみたいに、それが理想です。

けれども、現実には、ふと気づくと、お肌に触る手に力をこめてしまっています。

飲むインナーケアが初回半額キャンペーン実施中⇒アルフェビューティコンクパウダー お試し