探偵が行う浮気調査でも失敗する場合がある

浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。

それは、不倫相手の存在を明らかにする事です。

浮気しているか否かが不明瞭な場合は調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。

調査により浮気が確定した場合に、「浮気相手が誰か?」を調査する段階となります。

主にパートナーの尾行を中心として、怪しまれぬよう監視を続け、不倫相手の正体を証拠として押さえるのです。

探偵が行う浮気調査でも失敗する場合があるでしょう。

探偵が浮気調査に精通しているといっても、失敗することがありえます。

調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。

それか、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には証拠を掴みきれません。

貴方がパートナーに愛想を尽かし、浮気に対する慰謝料を望むのであれば、敵の情報は必要ですし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を見せられなければなりません。

しかし、調査のプロである探偵に依頼したら、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を貴方に届けてくれますし、裁判で闘う上での武器には困らないように、用意してくれるでしょう。

日常生活の中で、相手の行動をよく見ておくことは自分ひとりでも可能ですが、ごまかしきれないような浮気の証拠を掴む場合には、その道のプロとして技術をもつ探偵に頼んだ方がトラブルの心配もなく、安心です。

そして、探偵に頼む場合、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、豊富な経験にから様々なアドバイスをもらえるということも、貴重なことです。

探偵による浮気調査の結果、しっかりとした確証が得られれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。

不信感を抱いてしまった相手と一生共に生活することはそのストレスはかなりのものになりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。

あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を請求すると二人が別れることは間違いないでしょう。

レシートやクレジットカードを確認すると浮気の証拠をおさえる事もできる可能性があります。

最初に、普段立ち寄らないような毎回、コンビニのレシートを見かけるようになったら、普段からその近くに何度も行っていることになるのです。

その場所でずっと見ていると、浮気の瞬間を目にすることが出来るかもしれません。

アルバイトとして探偵をしている人がいるようなことがありえます。

探偵としてのアルバイトを調べてみると、お仕事が見つかるのです。

というわけで、探偵事務所がバイトとして採用することも多いのです。

浮気調査をさせようとするときには、個人的な情報を伝えなければ不可能です。

ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、知った情報を誰かに話してしまうこともありえますよね。

相手に全く覚られずに、浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、必要となる機材や技術があります。

浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは残念ながら証拠とは言えません。

浮気調査を探偵に依頼した場合は、超小型のカメラを用意するなどして相手にバレないようにはっきり判別できる写真を撮ります。

探偵の尾行代がいくら位かと言うと、調査員が何人かによっても違いますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。

当たり前のことですが、調査員が少数なら安く、多いほど高くなります。

また、尾行する際に移動に車やバイクを使用するケースでは、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認したほうが良いでしょう。

成功報酬の難しいところは、仮に、浮気調査について依頼した場合には、その際の調査期間が3日間だった場合、その3日間だけ浮気をしていなければ調査は成功となってしまうのです。

実際のところは不明確であっても、3日の間に浮気が発覚しなければ、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、調査についてはそこで完了し、成功報酬として料金を支払うのです。